シミ取り薬で顔のシミに働きかけ、効果的に美白を目指す

顔のシミ 画像

 顔のシミは多くの女性にとって、非常に気になるもの。
 シミを取るのに有効とされてきたのは、美容クリニックなどでの
 レーザー治療ですが、やはり価格や手間という点から諦めて、
 メイクでカバーするという人がほとんどではないでしょうか?

 

 

顔のシミ取り薬 画像

近年の強い紫外線により、1年中UV対策が必要とされていて、
きちんと効果を得るためにはスキンケアだけでは足りず、
内側からしっかりとメラニン抑制をするインナーケア
重要だということがわかっています。

 

顔のシミ取り薬 画像

インナーケアと聞くと、医薬品やサプリメントが
挙げられますが、本当に顔や肌のシミを取る効果が
期待できる商品は多くはありません。「シミ取り効果」
謳っていても、実際にシミ取り効果を感じている方も多い
評価の高いシミ取り薬は数少ないのが現状なんですね。

 

しかし、市販や通販で購入できる顔のシミ取り薬の中には数少ないものの、
大変優れたシミ取り効果が実感できる口コミ評価の高い商品があるのも事実です。

 

将来シミが出来ないよう、今から予防したい方
既に出来てしまった顔や肌のシミを取りたい方
化粧品でのシミ取り効果には満足できなかった方
本当に効果が期待できるシミ取り薬を探している方
口コミ評価の高い人気のシミ取り薬を試してみたい方

 

当サイトではシミ取りのインナーケアとして口コミで特に人気の薬やサプリを紹介しています。

 

 顔のシミ取り薬 画像

 

知名度や販売実績だけじゃなく、本当にシミを消す効果に優れた
実力の高い顔のシミ取り薬・サプリを厳選してご紹介していますので
これからインナーケアを始める人も、自身のシミ対策を見直したい人もぜひ参考にしてください。

 

顔のシミ取り薬・サプリおすすめランキング【口コミ人気最新版】

 
ホワイトルマン(ミスミ製薬)

ホワイトルマン 画像

ホワイトルマンとは?

シミやそばかす、日焼けの悩みに基づいて誕生した、今口コミで一番人気の顔のシミ取り薬。
3つのビタミン「抑える」「戻す」「促す」働きで、シミ・そばかすを撃退する。

シミケア成分で一番人気のビタミンCをたっぷり1200mg配合
さらに、ビタミンE・ビタミンB2との相乗効果でシミ予防はもちろん、出来てしまったシミ取りにも優れた効果が期待できる。

価格 5,980円1,900円
シミ取り評価 顔のシミ取り 評価
お得な通販情報 今なら初回76%OFF+全国送料無料、定期購入は2回目以降は25%OFF(最低継続回数:1回[初回解約OK])

定期購入なら30日間の全額返金保証付き

 

 

ホワイピュア(くすりの健康日本堂)

ホワイピュア 画像

ホワイピュアとは?

口コミランキング美白部門で1位を獲得した、今注目の顔のシミ取り薬。

顔のシミ取り2大成分「ビタミンC」「L-システイン」に加えて、2大シミ取り成分の働きをサポートする4つのビタミンを配合。

新しいシミができないよう、潜在シミ・シミ予備軍に効果的なアプローチ。
既にできてしまったシミにも働きかける。

今なら、初回76%OFF+口コミで人気の美白クリームがもらえる特別キャンペーン中。

価格 6,264円2,052円
シミ取り評価 顔のシミ取り 評価
お得な通販情報 初回67%OFF+全国送料無料(定期購入のみ)、2回目以降は約15%OFF(最低継続回数:1回[初回解約OK])、手数料無料、20日間の全額返金保証付き、プレゼントで人気の美白クリーム「ホワイピュア薬用美白クリーム(口コミランキング1位獲得)」がもれなくもらえる

 

 
キミエホワイトプラス(富山常備薬グループ)
キミエホワイトプラスとは?

富山常備薬社員が、自身の母親の為に開発したシミ緩和薬。
累計販売181万箱を突破した人気商品。

メラニン生成抑制などた4つのステップで肌を生まれ変わらせる
高い抗酸化力でアンチエイジングに有効なアスコルビン酸配合。

TVCMでもお馴染みで、知名度の高さは顔のシミ取り薬No.1
誰もが知っている商品を安心して飲みたい方におすすめ。

価格 4,536円2,052円
シミ取り評価 顔のシミ取り 評価
お得な通販情報 定期購入(最低継続回数:1回[初回解約OK])なら
初回55%OFF
+全国送料無料
 

 

 
ミルセリンホワイトNKB(京都薬品ヘルスケア)
ミルセリンホワイトNKBとは?

シミやニキビに優れた作用が期待できる第三類医薬品。
大手製薬ブランドの京都薬品ヘルスケアが販売。

医薬品としてはトップクラスL-システイン量
アスコルビン酸W処方で効果的にシミを取る。
独自コーティング技術でクセや臭いがなく飲みやすい

価格 4,320円2,980円
シミ取り評価 顔のシミ取り 評価
お得な通販情報 今なら初回30%OFF全国送料無料

定期購入なら初回54%OFF
2回目以降は10%OFF(最低継続回数:1回[初回解約OK])
手数料も無料(代金引換,銀行振込)、最短で当日発送OK

 

 

 
ロスミンローヤル(アインファーマシーズ)
ロスミンローヤルとは?

小ジワやシミ、そばかすに効果があると口コミ評価が高く、
特にシミ改善の効能が認められている日本唯一の医薬品
紫外線による肌ダメージに着目し改善を促す。

9種類の生薬を含む22種類もの有効な成分を配合。
肩こり、腰痛など慢性的な体の不調を整え健康もサポート

顔や肌のシミ取り効果はもちろん、そばかすや肝斑にも効果的
しわ対策や健康維持にもおすすめ今最も人気のシミ取り薬

将来のシミ予防はもちろん既にできてしまったシミの解消にも
効果が期待できる実力&口コミ評価No.1の顔のシミ取り薬。

価格 8,208円2,052円
シミ取り評価 顔のシミ取り 評価
お得な通販情報 今なら初回75%OFF+定期コースなら全国送料無料

定期購入は2回目以降は25%OFF(最低継続回数:1回[初回解約OK])

 

 

 
シミトール(水橋保寿堂)
シミトールとは?

アスコルビン酸を2,000mg配合し、シミやそばかすを緩和する
医薬品。表面上の見えるシミはもちろん、目に見えない
「潜在シミ」にも効果的にアプローチ

創業60年を超える老舗の製薬会社が、品質管理や
安全性を徹底。メラニン生成に関わる3ステップでシミを作らせ
ない。ビタミンCを補給して、日々の健康サポートにも効果的。

価格 3,780円
シミ取り評価 顔のシミ取り 評価
お得な通販情報 最短で即日発送
 

 

 
トランシーノホワイトC(第一三共ヘルスケア)

トランシーノホワイトC 画像

トランシーノホワイトC(第一三共ヘルスケア)とは?

OTCビタミンC主薬製剤の中でL-システインを240mgと最大量配合。
L-システインがビタミンCやビタミンEと協力し合うことで、
シミやそばかすの原因になるメラニンの生成を抑制。
粘膜を保護し、歯ぐきからの出血や鼻出血を改善。
妊娠授乳期や病後などの栄養補給にも効果的。

価格 2,808円
シミ取り評価 顔のシミ取り 評価
お得な通販情報 今なら全国送料無料
 

 

 
ハイチオールCプラス(エスエス製薬)

ハイチオールCプラス 画像

ハイチオールCプラス(エスエス製薬)とは?

肌の代謝をサポートすることで肌のシミや色素沈着を改善。
L-システインと高い抗酸化力を持つアスコルビン酸を配合し、
余分なメラニンを体外に排出。
栄養素をエネルギーに変える働きもサポートして疲労を回復。
代謝を助け、毒素分解作用もあるので全身倦怠や二日酔いに効果的。

価格 4,200円1,865円
シミ取り評価 顔のシミ取り 評価
お得な通販情報 今なら通常購入で56%OFF
 

 

 
マスターホワイト(ヴィジョンステイト)

マスターホワイト 画像

マスターホワイトとは?

希少な美容成分を厳選配合した新発想の美白サプリ
シミ取りだけじゃなく保湿やアンチエイジングにもおすすめ。

アスタキサンチンやヒアロコラーゲン、プロテオグリカン等
お肌に嬉しい有効成分がたっぷり。

価格 10,800円6,480円
シミ取り評価 顔のシミ取り 評価
お得な通販情報 今なら初回40%OFF+全国送料無料

定期購入は2回目以降は20%OFF(最低継続回数:1回[初回解約OK])

 

 

 
インナーロックSX(POLA)

インナーロックSX 画像

インナーロックSX(POLA)とは?

突き抜けるような白さ、透明感が生まれる美白サプリメント。

2013年ベストコスメ個人賞を受賞したホワイトショットの
優秀なインナーケアアイテム。オリジナルの美肌有効成分である
ブランノールR配合。東洋由来の美容、健康成分を独自配合。

価格 6,480円
シミ取り評価 顔のシミ取り 評価
お得な通販情報 今なら全国送料無料
 

 

 
ピュアホワイト(資生堂)

ピュアホワイト 画像

ピュアホワイト(資生堂)とは?

シミ予防、肌のハリをキープする美肌サプリメント。
東洋古来からの美容成分であるクコの実エキスを配合。

1日9粒分にクコの実28粒分のエキスが含有されている。
抗酸化力の強いビタミンCを1,000mg配合しメラニン生成を抑制。

価格 4,000円3,333円
シミ取り評価 顔のシミ取り 評価
お得な通販情報 今なら通常価格で17%OFF
 

当サイトのランキングは各商品の販売実績や大手口コミサイト(@cosme,Yahoo!Beauty,amazon,楽天etc)の評価を元に順位づけをしています。


顔のシミ取り薬ランキングの比較一覧

顔のシミ取り薬で、今一番人気があるのはホワイトルマンです。

 

 ホワイトルマン 画像

 

シミやそばかす、日焼けの悩みに基づいて誕生したホワイトルマンは、顔のシミ取り専用薬としてインスタをはじめ、TwitterなどのSNSで今もっとも人気の商品です。

 

 

シミケア成分としてもっとも人気のビタミンCを、たっぷり1200mgも配合。

 

 ホワイトルマン 画像

 

また、ビタミンEビタミンB2も配合することで、相乗効果によって大変優れたシミケア効果が期待できます。

 

シミの原因でもあるメラニン色素の発生をブロックするだけじゃなく、発生してしまったメラニン色素を還元しシミの発生を防ぎ、お肌のターンオーバーを促すことでシミの定着を防ぎます。

 

 ホワイトルマン 画像

 

つまり、既に出来てしまったシミ取り効果はもちろん、将来的にできてしまうシミを事前に防ぐシミ予防効果も期待できるんですね。

 

この、3つのビタミンの働き・相乗効果が、ホワイトルマンの最大の特徴となっています。

 

 ホワイトルマン 画像

 

顔や肌のシミ・そばかす、日焼けでお悩みの方、今までのシミ取り薬では満足のいく効果が実感できなかった方、「シミ専用の医薬品」としてつくられた、ホワイトルマンならではの優れたシミケア効果をぜひ試してみてください。

 

 

今なら、公式通販サイトから購入すると、初回79%OFF+30日間の全額返金保証付きの特別キャンペーン価格で注文ができます。

 

 ホワイトルマン 画像

 

興味のある方は、こちらのホワイトルマン公式通販サイトを見てみてください。

 

 

>>>顔のシミ取り薬ランキングから購入する<<<

 

 

⇒ このページのTOPへ戻る

顔のシミが出来る原因に男女の差はあるのか?

顔のシミ取り コラム 画像

シミってそういえば……女性は大騒ぎして気にしますが
男性はそれほど気にする人がいませんよね?

 

もしかして顔のシミが出来るメカニズムって男女で原因が
違っているのでしょうか?

しっかりと違いを調べてみました。

 

 

顔のシミが出来る原因は男女で違っていた!

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

女性にとっては油断大敵な顔のシミ……これは男性よりも
女性の方がはるかにシミを作りやすい
のです。

 

ショックですよね?この理由は女性ホルモンが大きく
関係していて、女性ホルモンの中に含まれる
黄体ホルモンがシミが出来る原因になっているんです。

 

黄体ホルモンは、紫外線などが皮膚に当たった時に出来る
メラニン色素を働きやすくしてしまうやっかいな
習性があるんです。

 

女性ホルモンが多い人は、顔のシミも出来やすくなってしまい
少しでも紫外線が当たらないように努力しないといけません。

 

女性の一生の中でも、妊娠中は特に女性ホルモンが増えて
それに付け加えて皮膚も弱くなる時期なので、妊娠中は
嘘みたいに顔のシミが増える時期
なんですよ。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

出産した後に、気が付いたら顔がシミだらけになっていることも
よくありますよね。

 

シミはいったんできるとなかなか消すことは難しいので
妊娠中、これから妊娠の予定がある方は気合いを入れて
紫外線対策をした方がいいと思います。

 

男性にも女性ホルモンがありますが、分泌量が少ないので
紫外線を浴びたとしてもそこまでシミになることは
ありません。

 

 

女性特有の化粧がシミを誘っているかも?

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

大人の女性であればほとんど方が化粧をすると思います。
もちろん夜はクレンジングで化粧を落とすわけですが、
この何げない繰り返しが顔のシミの原因になっている
可能性
があります。

 

やさしくクレンジングするならいいんですけど、
顔のシミができてしまう原因の一つに、擦りすぎという
理由もあるんですよ。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

男性は女性ほどこまめにクレンジングをしないので
皮膚に刺激を与える回数が少なく、シミの原因を作る回数も
かなり少ないです。

 

女性の場合は化粧をすることが多いし、こすって洗うこともある、
ピーリング剤でゴシゴシと洗う人もいると思いますが、
刺激を与えれば与えるほどシミができやすくなるんです。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

男性に比べれば、女性の方がはるかに顔をあつかう時間が
長いので、そういった理由でシミの原因を自分から
作っていることもあるんです。

 

このような理由で、女性はホルモンの関係でもともとシミが出来やすいし
メイクの関係で肌にストレスを与えるので、男性よりも
はるかにシミが出来やすい体質
なんです。

 

 

⇒ このページのTOPへ戻る

顔のシミが教えてくれる病気のサイン

顔のシミ取り コラム 画像

シミって全身に出来ますが、顔のシミの場合
出来ている場所で病気を教えてくれている事も
ある
んですよ。

 

シミが教えてくれる体のサインを紹介します。

 

顔のシミの場所で病気がわかる!

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

シミって嫌ですよね。
でも出来ている場所で体のSOSをキャッチする事が
出来るかもしれないんですよ。

 

人間の顔には沢山のツボがあります。
その場所にシミができると、体のその部分が
もしかしたら悪いのかもしれません。

 

一般的に目の下のクマが出来やすい部分にシミが出来ると
膀胱や腎臓などが悪い
と言われていて、老廃物を
きちんと体外に出せていない可能性があります。

 

頬にできると小腸や大腸などの腸内環境が荒れている
可能性がある
と言われていますよ。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

目頭にできると胆のうの機能が良くないとサインを
出しているそうです。

 

顔のラインに沿って顔のシミが出来ると、胃が良くない
らしいので消化不良を起こしていないか、暴飲暴食など
胃に慢性的に負担をかけていないかなどが心配です。

 

耳の付近に出来るシミは、三焦つまりすべての内臓が
関係していて、体全体のリンパの流れが悪く
うまく老廃物を流せていない
そうですよ。

 

顔のシミだけで、体の病気のサインがわかるなんて
すごいですよね?

 

体の見えないサインをキャッチして健康診断に行ったり
自分の病気を疑うのもいいことかもしれません。

 

 

左右対称にできる顔のシミは女性特有の病気?

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

顔のシミにもさまざまな種類があるのですが、左右対称に
同じ場所にできるシミの場合は、肝斑である可能性
があります。

 

肝斑はシミの仲間なんですが、とにかく大きく広範囲に
シミが出来て顔の目の下に出来る時は、左側にも右側にも
同じような大きさの黒いシミが出来る
んです。

 

できる年ごろは若い女性に多く20〜30代の若い女性に
できてしまうことが多いです。

 

原因は女性ホルモンが大きく関係していて、ホルモンの乱れで
メラニン組織が過剰に生成されて大きく目立つシミが
できるのが特徴です。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

とっても目立つので、ほとんどの女性が病院に行って
治療してもらう人が多いです。

 

このシミは、内服薬で治すのが主流で体中に血液を
流しやすくなる薬を服用します。

 

シミは血流が滞ったり、冷えで血流が悪い人に出来やすいので
体の新陳代謝をあげてシミがなくなるように薬を飲んで
治すのがほとんどです。

 

女性ホルモンが多くなる妊娠時期に肝斑になる人が多いので
女性が妊娠出産する20代から多くなるシミです。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

内服薬は皮膚科などで処方してもらえるので、出産してから
医師と相談しながら処方してもらうといい
です。

 

 

⇒ このページのTOPへ戻る

普通に出来るシミと肝斑の違い

顔のシミ取り コラム 画像

肝斑も大きく分けるとシミの仲間ではあるんですが
出来るメカニズムがまったく違います。

 

違いを知っておくと予防したり、無くす事も出来るので
肝斑の見分け方を紹介します。

 

 

肝斑とシミの違いは?

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

シミ紫外線を浴びて肌を守るためにメラニン組織が出来る
生理的な現象
で、肌のサイクルが正常なら役目を終えたシミは
なくなりますが、乱れているとそのまま皮膚の奥に残ります。

 

肝斑かんぱんもシミの仲間になるんですけど
出来上がるメカニズムが通常のシミとまったく違います。

 

通常のシミは、紫外線に当たることによってメラニン組織に
色素沈着して出来上がるものなんですが、肝斑は
紫外線に当たらなくてもできるのが特徴
です。

 

肝斑の見た目は大きな薄めのシミで、普通に出来る一般的な
シミの何十倍も大きいいのが最大の特徴です。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

シミは普通の皮膚との境界線がはっきりしているのですが、
肝斑の場合は、次第に薄くなって境界線がなく肌に
溶け込むように端がぼやけています。

 

色は茶色っぽい色から、黒い色までさまざまで大きな
斑点のように形成されます。

 

出来やすい年齢層は20〜30代の女性に集中していて
顔や手などに出来る事が多いです。

 

原因は女性ホルモンの乱れと言われていて、ストレスも深く
関係しているといわれています。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

強いストレスを感じている時や、顔を擦りすぎて慢性的に
顔に刺激を与え過ぎている人なりやすいそうです。

 

妊娠している女性に多くできますが、妊娠していなくても
ピルを過去に飲んだ経験があったり、現在服用していると
出来やすい
と言われています。

 

 

肝斑の治療はどこで行うべきか?

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

肝斑は、そのまま放置していると50代過ぎに無くなって
しまう人もいるそうです。

 

この時期はちょうど閉経して女性ホルモンの分泌量が
劇的に減る時期
なので、それが関係しているようです。

 

肝斑はとても目立つシミなので、若い女性が出来ると
泣きたくなるくらい気になるので、治療は普通の皮膚科
できることなら美容皮膚科が好ましいです。

 

内服薬で治すことが主流で、ビタミンとCと血行を良くする
を処方されて、きちんと飲むことで肝斑が改善されます。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

何も知らずにレーザーで治療してもらおうと整形外科で、
治療すると悪化してしまうこともあります。

 

レーザーで治療すると悪くなるのは、通常のシミの特性と
全く違うところです。

 

生活習慣が変わることで無くなることもあるそうなんですが、
繰り返しできてしまう人もいるようなので、なくしたい時は
病院に行くのがいいでしょう。

 

 

⇒ このページのTOPへ戻る

 

顔のシミがかゆい

顔のシミ取り コラム 画像

シミが出来てしばらく経つと……かゆくなることが
あるそうなんですけど、なぜでしょうか?

 

かゆくなるシミと、ならないシミの違いはなんなのか
調べてみました。

 

 

顔のシミがかゆくなるのはなぜ?

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

シミがかゆくなることってあるのでしょうか?

 

結論から言うと……
普通のシミならかゆくなることはありません。

 

シミは皮膚の色が変わるだけで、皮膚と変わらないので
炎症が起きているわけでもなく、皮膚本来の働きはするので
シミが原因でかゆくなることはないです。

 

でも、シミから変化するとかゆみを伴うので
かゆいなーと思った時は、シミの更に進んだモノに
変化していると考えられるんです。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

変化したシミとは、30代くらいから出来始める
老人性のイボのこと
で、手の甲に出来る事が多いです。

 

最初は普通のシミだったのに、しばらく時間がたつと
何だか盛り上がってきてカサカサしてきて
明らかに普通のシミと違う状態になってきます。

 

これは正式に脂漏性角化症と呼ばれるもので、皮膚科の
先生からは老人性のイボと言う方も多いです。

 

名前のとおり年齢を重ねるにつれて数が増え、
放置してもなくなることは絶対にありません。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

肌のストレスや、紫外線の浴び過ぎが原因で出来るので
紫外線のケアをしっかりしている人はできない人もいます。

 

イボはなりやすい人と、そうでない人にわかれるので
体質によって大量にできる人と、全くできない人がいます。

 

乾燥や、潤い不足、紫外線の浴び過ぎが原因でなるので
かゆくてかいていると、周りに増えて見た目が汚い感じになり
男性は放置する人が多いですが、女性の場合は
美容皮膚科などで取り除く人が多いです。

 

 

かゆいシミは放置しておいてもいいのか?

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

手の甲や顔のシミがかゆくなった場合は、イボと判断して
放置してもいいのでしょうか?

 

実はこの老人性イボ良性のものと悪性のものがあって、
悪性の場合放置しておくととんでもないことになります。

 

顔のシミがかゆいけど放置して、何かのついでに病院に
行った時に医師から「そのシミ検査した方がいいよ」と
言われてしまうこともある
んです。

 

悪性の場合は、簡単に言えば皮膚がんの一種なので
手術でとりのぞくなどの処置を行ったり、抗がん剤などで
治療しなくてはなりません。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

何よりも一番怖いのは、知っている人も多いんですが
皮膚がんは、がんの中でも一番成長が早く急に拡がっていくので
少しでも放置すると全身にがん細胞が転移します。

 

皮膚の一部だけと思ったら、肺や他の臓器に転移していて
とんでもない状態になる人もいるんです。

 

一般的に真っ黒なシミが悪性の腫瘍と呼ばれることが
多いのですが、肌色の薄茶色のシミでも悪性だった
という方もいるので放置できません。

 

最近出来たシミが急に大きくなった、これって良性のイボかな?と
判断がとても難しいと思ったら専門の医師に診せましょう。

 

早めに見せておかないと、進行がとても速いので心配ですよ。

 

 

⇒ このページのTOPへ戻る

自宅で簡単に自分でできる顔のシミ取り

顔のシミ取り コラム 画像

シミって出来るとなかなか取れませんよね?
それどころか年々増えていくような気がします。

 

この頑固な顔のシミ取りを自宅で簡単に取れないか
調べてみました。

 

 

自宅で出来る簡単なシミ取り〜運動編〜

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

シミは、女性の場合は女性ホルモンが多いからできやすく
酸素不足で全身に血液が回っていないから出来る
言われています。

 

早い話しが、女性ホルモンは仕方がないのでおいといて
有酸素運動を毎日心掛けると肌のターンオーバーが
正常になってシミが消えるということになります。

 

毎日運動するのは厳しいので、とにかく全身に血液が
回っていくように体を温めるといいですよ。

 

今日からできる簡単な方法は、腹巻でお腹と背中を同時に
温めると全身がポカポカと暖かくなって、冷えがなくなり
血流が良くなる
んですよ。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

ここは体全身を温めるツボがある場所なので、腹巻きとか
緩めのサポーターを巻いておくと簡単に運動しなくても
血液を全身に届けることができる
んです。

 

運動する暇があるなら、とにかく呼吸を意識しながら運動して
息を止めないように筋トレ、ウォーキングなどを
するといいですよ。

 

お風呂でゆっくり汗をかくのも簡単に出来るシミ取りです。

 

シャワーでは冷え性になりやすく、シミを増やす原因に
なってしまうのでできることなら汗をかくくらいの温度で
浴槽につかるのが理想的
です。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

 

食事で顔のシミを改善しよう

 

シミを本気で取り除こうと思ったら、絶対に
毎日数回に分けてビタミンCを取らないとダメです!

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

ビタミンCは毎日サプリメントで取るけどどうして
数回に分けるの?
と思いますよね。

 

ビタミンCは、一度に1日分を摂取したとしても
総時間経ったら、体に吸収されなくても無駄な部分が
すべて尿になって排泄されます。

 

例えば朝1日分のビタミンCをサプリで飲んでも、
少ししか吸収されなくてあとは全部無駄になります。

 

できることなら1日3回に分けてビタミンを摂取しましょう。

 

食事で改善する顔のシミなんですが、食事自体は
それほど変えなくても大丈夫です。

 

ただシミの原因のに深くかかわっているのが砂糖なので
砂糖を大量に使っている食品は避けましょう。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

洋風の菓子には、ほとんどすべてに砂糖が使われています。

 

ゼロカロリーと書いてあっても、合成甘味料が使われていて
体にとっても良くないです。
合成甘味料はガン細胞の餌なのでやっぱり避けましょう。

 

いつも通りの食事はしますが、砂糖が使われているものは
蜂蜜に変えるとか、何かに変えて食べるといいですよ。

 

砂糖と並んでシミの大きな原因になっているのが加工食品です。

 

加工食品つまり冷凍食品とか、ハム、ウインナー、ナゲットとか
工場で作られている食品にはシミの原因になるリンが
大量に含まれているのでできるだけ避けましょう。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

これらの食品を避けて、有酸素運動をしていれば
自宅でも簡単にシミを取り除き、シミを予防できる
体になれます。

 

⇒ このページのTOPへ戻る

 

 

レーザーで顔のシミ取りをする場合の治療料金の相場は?

顔のシミ取り コラム 画像

シミをどうしても取りたい時はクリニックなどで
レーザーなどの治療を受けます。

 

とても高いイメージがありますが、相場の料金は
いくらくらいなのか調べてみました。

 

顔のシミをレーザーで治療すると料金はいくら?

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

スイッチルビーレーザーがシミには効果が高いと
人気がありますが、これは痛みがありますが
かなりシミに効果が高いです。

 

美容整形での通院なので、保険適用ではなくすべてが
全額自己負担になります。

 

料金は、一回で終わる方は少なくて2〜3回の通いで
5、6万円が一般的
です。

 

シミのクリニックでのレーザー治療の場合、見えている
シミ以上に大量なシミを見つけられるので、それらをすべて
治療することを勧められます。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

若い人であまりシミが無い人の場合は、一回で終わることも
あるんですがやはり料金は2万円以上するのが普通です。

 

一回の負担金額が高いのですが、キレイに治るのと
仕上がりが美しいのがメリットです。

 

美容整形のホームページを見ると一回2500円とか
書いてあるんですが、確かに一回はそれくらいの料金ですが
数ヶ所同時にやるとそれなりの金額になります。

 

レーザー治療をする場合は、最初にクリニックを訪れて
カウンセリングをしてから後日予約を取るという形が
一般的なので、この時に大体の料金が決まります。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

料金が上がるのが嫌ならば、カウンセリングの時に
どのシミをとるのか細かく指示をして、料金が上がらないように
相談することもできるんです。

 

 

レーザー治療をした場合はアフターケアが大切

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

レーザーでシミの治療をする場合、ほとんどの病院では
夏ではなく冬の季節が望ましいと言われます。

 

レーザーを照射したあとは、少しでも紫外線を当てては
いけないので冬でも照射した後はサングラスにマスクをして
レーザーで治療した部分に紫外線が当たらないようにします。

 

レーザーを当てた部分にはガーゼなども貼らなくては
ならないので、そのあいだは化粧をすることが難しいです。

 

広範囲でレーザーを当てる場合は、しばらくメイクを
することができないことと、ばんそう膏などを貼らなくては
ならないという事を知っておかないといけません。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

レーザーが嫌な人は、光を当てて治療することもできますが
これはかなり料金が高くてレーザー治療の3倍の金額が
かかりますが、処置した日からメイクが出来るという
メリットがあります。

 

レーザーや光以外にも塗ってシミをケアするコースなどもあり
クリニックでカウンセリングを受ける時に、料金や
シミの状態で選ぶことができます。

 

⇒ このページのTOPへ戻る

 

 

顔のシミに効く塗り薬のおすすめ

顔のシミ取り コラム 画像

顔のシミの治療するときには塗り薬も使われます。

 

どのような種類の塗り薬が使われているのか、
本当に顔のシミに効く薬なのか調べてみました。

 

 

顔のシミに効く塗り薬はどのようなものか?

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

顔のシミの治療の塗り薬と言えば別名、皮膚の漂白剤で
おなじみのハイドロキノンでしょう。

 

その名前の通り、塗ったところは脱色したように
色素が抜ける
ので、顔のシミのように広範囲に大きな
シミ状の斑点が出来る時には効果が期待できます。

 

とても強い薬なので、利用方法をしっかり守らないと
肌色までが脱色されて塗った場所だけが真っ白に
脱色された変な肌になることもあるんです。

 

病院で処方される場合は、かなりしっかりと使用方法を
説明されるのでそれを守ってそれ以上使わないように
心掛けないといけません。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

一回脱色されて白くなった皮膚は二度と肌色に
戻ることはなくなるといわれている
ので大変ですよ。

 

以前は病院でしか処方されなかった薬なんですが、
最近では同じ成分が入った化粧品が手ごろな値段で
ネットで販売されていることもいます。

 

病院で処方される場合は、成分がとても強すぎるので
患者さんも肌の状態を見ながら医師が適切に判断して
処方してくれます。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

一般的に出回っている薬の強さは、安全な基準になっていて
問題ありませんが、更なる強い塗り薬を求めてハイドロキノン
の濃度の高いものを個人輸入で買うと大変です。

 

医療用ではない高濃度なハイドロキノンを手に入れて
自分勝手に使用すると、発がんリスクがあるとイギリスの
調べで分かっているので危険な
んです。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

一般的に病院で処方される塗り薬や、化粧品に
入っているものは安全な基準になっている
ので大丈夫です。

 

 

顔のシミに効く塗り薬の金額はどれくらいなのか?

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

顔のシミに効く塗り薬のハイドロキノンは、残念ながら日本では
保険適用外なので全額自己負担
になります。

 

かなりの高額で一回の受診で五千円くらいはかかるのが普通です。

 

しかも、効果が出始めるのが2ヶ月から3ヶ月目くらいからなので
そのあいだ何度も病院に行ったり、薬がなくなったら再び
高額な塗り薬を処方してもらわなければなりません。

 

それでも根強い人気があるのは、シミを脱色する効果が高いことと
痛みや、レーザーなどを使わないので楽という意見があります。

 

金額が高いのですが、海外でも確かな実績がありますし
国内でもその効果が認められています。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

効き目のある塗り薬ですが、体に負担がかかる薬なので
妊娠中の方や、授乳期の女性などは処方されません。

 

同じようなハイドロキノン入りの化粧品も売られていますが、
医療用と比べてはるかに配合量が少ないので
化粧品で使う場合はそこまで気にしなくて大丈夫です。

 

⇒ このページのTOPへ戻る

 

 

顔のシミに効く薬のトランサミンの効果と効能

顔のシミ取り コラム 画像

治療するのが難しいといわれる顔のシミには、病院で
内服薬や塗り薬で治療することが多いです。

 

内服薬に含まれる成分は、トランサミンですが
どのような働きがあるのか調べてみました。

 

顔のシミに効く薬のトランサミンとは?

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

顔のシミは、20〜40代の出産時期を迎える女性に多く見られる
シミの仲間の一つでストレスや、女性ホルモンなどの乱れが
原因
で出来てしまうと言われています。

 

顔の目立つ場所に大きな黒いシミのようにできてしまうので、
女性にとっては恥ずかしくて悩みの種です。

 

大きなシミのようなものが顔の左右に対照的に出来て、
遠くから見ても目立つようなシミ状になるので
大変目立ちます。

 

放置しておいても健康に害はありませんが、見た目がとても
嫌になってしまうし、ファンデーションで隠すのも大変なので
ほとんどの方が治療を選択します。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

使用する場合は病院で内服薬をもらうことが多く、
トランサミンという名前の薬をもらうことが多いです。

 

トランサミンはトラネキサム酸のことで、アミノ酸の一種
顔のシミだけではなく炎症を抑える働きや、アレルギーを和らげる働き
口内炎の治療などにももちいられる薬です。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

一番魅力的なトランサミンのはたらきは、メラニンの生成を
活性化させてしまうプラスミンを抑える働き
があるので
これ以上ひどくなるのを防ぎつつ治してくれます。

 

トランサミンの副作用の心配はないのか?

 

アレルギーを和らげる働きもあるトランサミンは、
ほとんど副作用はないのですが止血剤としても
医療の現場で使われている薬の一つです。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

処方される時に説明されますが、希に嘔吐、胸焼け、
発疹、などが出てしまう人もいる
のでその場合はすぐに
処方された病院で相談しましょう。

 

医療の現場では数多くの症状に使われていますが、人によっては
合わない方もいるのでその場合は別の方法で顔のシミの治療をします。

 

シミの状態によっては、トランサミンではなくレーザーで
様子を見る場合もあるので、担当してくれる先生によって
まったく治療法が違ってしまうこともあります。

 

副作用とは違いますが、妊娠中の人はトランサミンを
飲むことはできるのでしょうか?

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

基本的に大丈夫です。トランサミンは妊婦でも飲んで大丈夫な
薬とされているので、医師と相談して妊婦でも
問題なく処方されることがあります。

 

例えば妊娠に気が付かなくてトランサミンを飲んでいたとしても
ほとんど心配なく、大騒ぎする必要はありません。

 

そのまま飲み続けても大丈夫ですが、服用中に妊娠が
発覚した場合は一応そのまま飲み続けるか、いったん中断するかを
医師に相談するといいでしょう。

 

⇒ このページのTOPへ戻る

 

 

皮膚科で顔のシミに効く薬を処方してもらう時は保険が効く?

顔のシミ取り コラム 画像

皮膚科で顔のシミに効く薬を処方してもらう時は
保険適用になるのでしょうか?

 

同じようにレーザー治療を行うときも料金は
保険適用になるのか?ならないのか調べてみました。

 

 

レーザーを使って顔のシミの治療を行う時の料金は?

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

顔のシミは、人の健康を害するような病気ではありません。
そのままあったとしても、日常生活に支障ないので
日本では病気の扱いにならず保険は使えません。

 

美容皮膚科、皮膚科で顔のシミと診断されれば
その治療に使われる薬や、費用などはすべて自己負担に
なってしまうのが普通です。

 

レーザーを使う場合も、すべて自己負担になるので
最初からそれなりに金額がかかると思っておきましょう。

 

レーザーで顔のシミの治療を行う場合は、シミの状態によって
患者がレーザーを希望していてもできない場合もあります。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

専門の医師と相談しながら、保険がかからないので
料金の説明もこちらから積極的に聞いてやりましょう。

 

皮膚科でレーザーを行う場合は、クリニックと同じで
一回のレーザー照射で1万円以上かかるのが普通です。

 

照射する場所が大きいと、何回かに分けて何度も
繰り返して操作するので総合的な治療にかかる料金は
10万円を超えてしまう場合もよくあります。

 

保険がかからないので、かなりの高額な治療金額になるので
一番最初に金額がどれくらいになるのか、顔のシミの状態を
見せながら病院で相談しておきましょう。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

最初から保険が使えないので、皮膚科に行かずに美容クリニックで
治療を済ませる方もいます。

 

クリニックの場合はレーザー、光で治療、ジェルを塗布など
様々な治療法の中から選ぶことができます。

 

 

保険適用の顔のシミの治療はあるのか?

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

顔のシミは、病気ではないので残念ながらレーザーを
使用しなくても保険を使うことができません。

 

例えば皮膚科で顔のシミの治療と一緒に、別の個所の
治療を行ったとしても抱合せで保険適用に
なることもないそうです。

 

顔のシミを内服薬で治す事もあるんですが、こちらも保険を
使うことはできないので飲み薬を処方される場合は、
1ヶ月で5千円前後の金額
を支払います。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

ビタミンCも一緒に処方されるんですが、病院から
処方されるサプリメントはかなり高いので
効能などを聞きながら必要なければ断ってみましょう。

 

病院から処方されるビタミンCは、通常売られているものよりも
4倍近い値段
で驚きます。

 

顔のシミの治療にビタミンCが必要不可欠なのはわかっていますが、
あまりにも金額が上がり過ぎると、自分でお気に入りの
サプリメントを買っていいかもしれないです。

 

⇒ このページのTOPへ戻る

 

 

顔のシミに効く薬の副作用

顔のシミ取り コラム 画像

顔のシミの治療を病院で行う場合、大きく分けてレーザーと
飲み薬
の二つの治療方法を選ぶことになります。

 

医師が判断して投与される薬なんですが副作用などの
心配がないか調べてみました。

 

顔のシミの治療で内服薬を飲む時の副作用

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

顔のシミの治療を受ける場合、レーザーで治療するか
内服薬で治療するか、両方試してみてより効果が
強かった方をとるなどの処置が取られます。

 

内服薬を処方される場合は、トラネキサム酸(トランサミン)
を処方される事が多いですがこれは、口内炎の治療
抗アレルギーの治療、一般的な風邪薬などに使われます。

 

止血剤としても医療で使われていて、その効果が
副作用になるのではないかと言われています。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

少量なら問題ないのですが、止血剤ですので血栓を
作りやすくなったり心筋こうそくや、脳こうそくの引き金に
なるかもしれない
と副作用が心配されています。

 

さまざまな薬に使われているトランサミンなので
顔のシミで慢性的にこの薬を飲みながら、他の病院で
風邪薬などを出されると血行が悪くなる可能性があります。

 

これを防ぐためには、必ず薬手帳を使ったりして
別の薬を飲むときには相談しながら、重複した薬で
副作用を起こさないように
気をつけましょう。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

ネットでも美白の薬としてトラネキサム酸が
売られているんですが、これを飲みながら別の薬を飲むと
やはり血栓などの副作用の心配があります。

 

ネットの場合で薬剤師に相談できないので、すべてが
自己責任になってしまうのが怖いです。

 

 

顔のシミに効く薬の塗るタイプの副作用について

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

顔のシミに効く薬と言えばハイドロキノンでしょう。

 

海外でもシミ取り、肌の漂白で大人気で日本でも
皮膚科などで普通に処方してもらいます。

 

皮膚科でハイドロキノンを処方してもらうためには、
病院に行ったときに自分から治療にハイドロキノンを
使って欲しいとアピールしないと出さないところもあります。

 

この漂白効果のあるハイドロキノンの副作用は
厄介なものがあります。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

一般的にハイドロキノンを使うと、その肌の部分が
全く日焼けをしなくなってしまうので、素肌の奥まで
紫外線が入り込んで日光で軽い火傷状態
になってしまいます。

 

ハイドロキノンを使うと日に当たることができないので、
必ず日焼け止めを使用するか、UVカットの洋服で
素肌を守らなければ皮膚が赤くなり、ひどいとただれます。

 

このような副作用があるので、副作用というかこれ自体が
この薬の特性なので治療するならできる限り
紫外線の量が少ない冬に勧められます。

 

顔のシミ取り コラム 画像

 

薬自体も漂白効果があって強いので、妊娠中、授乳期の
女性には進めることができません。