シミとは何か?顔のシミの原因や種類について

顔のシミ 画像

年齢を重ねると気になりだすシミ。特に顔のシミは、
鏡を見るたびに気になり、メイクをするたびため息を
ついている女性も多いのではないでしょうか?

 

そもそもシミとは何なのでしょうか?

 

また、どうしてシミが出来てしまうのか、その予防や改善策を
探すためにもまずは原因について探っていきたいと思います。

 

 

メラニンとは何か

 顔のシミ 画像

 

シミや美白ケアの話題になると必ず出てくる言葉が、
メラニンという細胞の名前だと思います。

 

何となくわかっているつもりでも、本当には理解出来てない
という人も少なくないのではないかと思うので、
簡単に説明してみたいと思います。

 

 

メラニンとは、ユーメラニンとフェオメラニンの2種類があり、
ユーメラニンは褐色から黒色、フェオメラニンは黄色から赤色の
メラニン色素で、これらの比率により肌や髪の色が決まります。

 

上記で説明したような外部刺激などにより酸化酵素が発生し、
それによりメラニンが生成されます。

 

 顔のシミ 画像

 

通常はターンオーバーで角質とともに排出されますが、
過剰にメラニンが作り出されたり、代謝が上手くいかないと
排出しきれず残ってしまいます。

 

その肌に過剰に残ったメラニン色素が、シミや日焼けなどの
色素沈着の元となってしまうのです。

 

 

シミの種類について

 

シミには、次のような種類があります。

 

老人性色素斑

 顔のシミ 画像
いわゆる「シミ」として最も多いとされるのが、紫外線の影響で
出てしまう老人性色素斑です。

 

紫外線を受けやすい頬骨の高い部分や、皮膚の薄い目元などに
出来やすく、数o〜10mmほどの大きさの丸い色素斑であることが多いようです。

 

 

そばかす

 顔のシミ 画像
遺伝性が強く、鼻を中心として小さな薄い褐色の斑点が
散らばったように出てくるのがそばかすです。

 

成長と共に薄くなったり濃くなったりしますが、他のシミと
同じように紫外線を受けると濃くなることもあります。

 

肝斑(かんぱん)

 顔のシミ 画像
肝斑は額や頬、目の周りに左右対称に出来る均一の褐色斑で、
通常のシミとの区別がつきにくいとも言われていますが、
30〜40代の女性に多く見られる症状で、閉経にあわせて
消えることから、女性ホルモンが関係していると考えられいます。

 

主なシミはこれらに分類されますが、他にも遅発性両側性太田母斑
という生まれつき出現する茶褐色や青色のシミや、脂漏性角化症
というシミの角化が進み、いぼ状になったものなどもあります。

 

 

シミが出来る原因とは?

 顔のシミ 画像

 

肌にシミが作られる原因には、次のようなものが考えられます。

 

@紫外線
A加齢
B女性ホルモン
Cストレス、自律神経の乱れ
D内臓疾患やトラブル
E過剰な刺激(タオルや衣類のこすれ、間違ったスキンケア)
F食べ物

 

など、シミが出来る原因は非常に様々で、これらの要因が
複合的にあわさって出来る場合もあります。

 

 

その中でも、特に一番大きな原因と考えられているのが紫外線

 

 顔のシミ 画像

 

肌が紫外線を受けると、細胞がダメージを受けて、
さらにメラノサイトという細胞を刺激して異常が起こり、
「メラニンを作りなさい!」という指令が体の中で
出続けてしまうのです。

 

他の要因だけではシミにならなくても、紫外線という刺激を
受けることによって、悪化することも多くあります。