顔のシミでお悩みの方必見!皮膚科で処方される薬をご紹介

顔のシミについて

 

女性はもちろんですが、
男性にも悩んでおられる方の多い顔のシミ。

 

最近では、シミ予防や改善のための、
さまざまなスキンケアアイテムが販売されています。

 

そのようなアイテムにも、もちろん効果はあるのですが、
本気で顔のシミを治したいという方の中には、
皮膚科による治療を受けている方や治療を検討しておられる方も
少なくありません。

 

皮膚科での治療も可能

 

顔のシミについて

 

皮膚科で顔のシミを治療する場合、
どのような薬が処方されるのでしょうか?

 

あまりわからないまま皮膚科を受診するのは勇気がいる!
という方も、おられるかもしれません。

 

それで、今回この記事では皮膚科で用いられている
顔のシミの薬について、調べてまとめてみました。

 

すでに皮膚科で治療を受けておられる方はもちろん、
治療を検討しておられる方も、是非参考にしてみて下さい。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

皮膚科で処方される薬

 

顔のシミについて

 

病院によって処方されるものは異なりますし、
症状によっても異なってきますので、
これが全てというわけではありません。

 

今回は、主な薬について調べてご紹介しています。

 

塗り薬

 

顔のシミについて

 

ハイドロキノン軟膏

 

塗るお肌の漂白剤とも言われている、効果の高い薬です。

 

顔のシミの原因となるメラニン色素をつくる、
メラノサイトという部分に働きかけることで、
高い美白効果を発揮
します。

 

とても効果が高い分、肌には強い刺激がある薬品です。

 

それで、顔のシミの状態によって、正しい処方を受けなければ
安全に使うことが難しいものです。

 

使用上の注意や医師の指示をよく守って、
安全に使用してくださいね。

 

トレチノイン軟膏

 

皮膚科では、ニキビの治療にも用いられている薬で
ビタミンA誘導体の一種の薬です。

 

肌のターンオーバーを助けて、コラーゲンを作ることで
肌を若返らせる効果が非常にある薬
として知られています。

 

シミの原因となるメラニン色素を排出するよう助けるので、
顔のシミの治療だけではなく、予防にもとても効果的です。

 

飲み薬

 

顔のシミについて

 

トラネキサム酸

 

顔のシミの原因となる、色素沈着を抑える効果のある薬です。

 

また、シミの直接原因となるメラニン色素の生成を抑える、
という効果もあります。

 

特に女性ホルモンのバランスが乱れて起きてしまう、
肝斑の治療にはとても効果的
だと言われていて、
処方する皮膚科は非常に多いんです。

 

ビタミン類

 

ビタミンCやビタミンEなどには高い抗酸化作用があり、
メラニン色素に働きかけるため、顔のシミの予防や
改善にとても効果
的です。

 

相乗効果が期待できるため、いくつかのビタミン類を
合わせて処方する皮膚科も少なくありません。